代表挨拶

1969年12月、ジョンレノンとオノヨーコによる“WAR IS OVER! IF YOU WANT IT(あなたが望めば戦争は終わる)”の看板とポスターがニューヨーク、ロンドン、東京など世界11都市の街角に掲げられてから約半世紀経ちます。

人間は生い立ちや、家族、風土、環境に影響を受けながら、人種・宗教・文化などによって固有の価値観と生き方を作り出し、対立や争いを繰り返してきました。しかし、宇宙空間に漂う小さくて美しい惑星・地球に暮す77億の人類、そして動植物や自然は貴重です。だからこそ、その命を繋いで未来に託し、同じ「地球人」(アーシアンズEarthians=Earth地球+ians人の造語)として生きることが、私達に与えられた使命だと思うのです。1971年ジョンとヨーコが共に発表した♪『イマジン』。今こそこの曲に込められた、国境や宗教を超えたメッセージを具体的に行動で示していかなくてはなりません。

世界を見渡せば、国益を盾にした衝突がより激しさを増し、イデオロギーや人種・宗教・文化の違いによる争いはなくなりません。自己愛や欲望を剥き出しにし、弱者が求める救いの手を払いのけることさえあり、利益拡大競争の陰で格差を生み続けています。最早、理性では慈愛に満ちた世界は作れないのでしょうか?

2016年ボブディランにノーベル文学賞が授けられました。ノーベル賞選考委員会は「まだ、音楽には世界に平和と愛を訴えられる力が有る」と認め、これを世界が受け入れたのです。そうです!音楽、映像やアート、魂に訴える人々を揺り動かすナニカがこれからの世界の幸せを作り出す“チカラ”なのです。

ディランと同時期に生まれ活動したジョンレノンは、ディランが♪『風に吹かれて』を歌ったと同様に、ビートルズ時代♪『愛こそはすべて』などの曲を通して平和を訴え、1969年前衛芸術家のオノヨーコと結婚し、アムステルダム、モントリオールでのベッドインイベントで「愛と平和」をメッセージしました。

ジョンは、音階のひとつ「ラ」の周波数A=444ヘルツを基準とする、もともと太陽や海、風の音などにある自然の周波数に戻すべきだと、第二次大戦当時に人心洗脳の意図で制定されたA=440ヘルツは争いのもとになるとして、心の安定を促すA=444ヘルツを基準にした曲作りをしていました。1980年12月8日凶弾に倒れてからもジョンの思いは全ての人の心に生き続けています。

しかし、現実には世界各地でテロや内戦、災害事故、環境、格差問題は無くなるどころか目を覆うばかりで、もはや政治や経済の力では何も変わらないということだけが証明され、ジョンが残したメッセージを具体的に行動で示し、ディランの受賞をきっかけに芸術の力が今改めて求められている時に来ています。

私は、1979年、大学4年の夏休み、軽井沢のパン屋「フランスベイカリー」でジョンと遭遇し、言葉を交わした運命的な出来事が決定的なモチベーションとなり、さらに2012年12月8日、オノヨーコさんから武道館で「今日この会場の中にジョンの思いを継ぐ人が来ています…」とのメッセージを受け、ジョンとヨーコの思いを継承していく立ち上がりました。その日から6年、小説『ジョンとヨーコの物語』を執筆し、二人をテーマにした音楽、ミュージカル、映画、ミュージアム建設などを生涯のミッションとして企画してきました。

そこで、具体的にこれらの企画を実践しようと、私たちは、本日「芸術と技術を融合し、未来を想像する組織」という意味で、イマジンファウンデーション(IMAGINE FOUNDATION)を創設し、オノヨーコさんの従兄弟で外交評論家の加瀬英明氏に名誉理事長に就任頂きました。
どんな状況にあっても、想像すること、夢や希望を持つことは無限大。そして、友情、信頼、愛は障壁を越えて深まるものです。地球人として、“We’re Earthians(ウィ・アー・アーシアンズ)”の精神で、新しい行動基準、価値観のもと生きて行きましょう。皆様の国境を越えたご協力をよろしくお願い申し上げます。

あらためて足掛け7年の構想・準備の末に、設立に至ったことは感無量で、ご支援・ご協力を賜りました関係者の皆様へ感謝申し上げます。

 

音楽とアートによる想像の力が、「愛と平和」に溢れる未来世界の幸せを創り出すと信じて…

(ジョンレノン 、ショーンレノンの誕生日に設立にあたり)

2018年10月9日
イマジンファウンデーション 代表 大場 佳文
アーティストネーム 縄 文土

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<代表略歴> 

1956年11月3日新潟市生まれ、音楽プロデューサー、ソングライター、小説家。モンドミュージック合同会社、サクラプロジェクトジャパン、イマジンファウンデーション代表。

慶應義塾大学在学中1977年3人組「トロワ」を結成しRCAレコードからテレビ番組主題歌♪『私は13歳』(作曲小坂忠)でデビュー。コロムビアレコードに移籍し♪『美しきひと夏』(作曲すぎやまこういち)などを発表。その後、元レイジーのメンバー井上俊次と「ビッグバン」を結成し、クインシージョーンズ♪『愛のコリーダ』日本語版を発表。1979年軽井沢でジョンレノンと遭遇し啓示を受ける。卒業後、航空会社、IT企業宣伝部に勤務などを経て、コンサルティング会社を起業。2012年ロンドンオリンピック応援ソング♪『君とロンドン』(作曲縄文土)で音楽活動再開。日本文化発信のサクラプロジェクトジャパンを設立し、地球環境映画『Re:Monde(地球再生)』を世界の海岸線、遺跡、砂漠で撮影。2013年グラミー賞、MTVアワード公式イベントで発表。
主な舞台作品は、2013年東北大地震復興支援ミュージカル『ロミオとジュリエットその後』(原作縄文土、主演川﨑麻世、紫とも)、2018年オノヨーコさん親族の加瀬英明氏監修による音楽劇『ダディとマザーの軽井沢物語』(原作縄文土)など。

現在、人道支援活動と共に、小説『ジョンとヨーコの物語』を執筆、舞台化、映画化予定